少年少女合唱団のミュージカルを見に行きました。

地元の少年少女合唱団の定期公演を見に行きました。勧誘の意味でも無料ご招待だったんです。市民会館と会場も大きいし、ホームページを見ると色々受賞もしているらしいので楽しみにしていました。

去年も行こうと思い応募していたのですが、夫が風邪で寝込んでしまいすっかり行くのを忘れてしまったんです。そして今年もまた夫が寝込んでしまいました。

毎年同じ時期に寝込むなんて何か花粉症とかそういうものなんじゃないかと思えてしまいます。子守要員が寝込んでいるので幼稚園児のお姉ちゃんだけでなく仕方なく2歳の妹も連れて行くことになりました。

開場40分前に到着したのですが無料駐車場は満車です。有料駐車場を探して周辺を回ったのですがどこもかしこもいっぱいでかなり離れた所に何とか駐車出来ました。そんなに合唱団は人気があるのかと期待が高まるばかりです。

サウンドオブミュージックのミュージカルと言うことで、昨年のライオンキングと違い幼い娘には少し難しいかと思いました。でもディズニーのミュージカルっぽいアニメが好きなので、もしすごく興味を持ったらこういう活動をするのも良いかなと思ったんです。

しかし前半の1時間は何やら受賞した歌を披露する感じでした。初めは張り切って拍手をしていた妹も飽きてきた感じです。私も実力があるのは分かるのですが、ソロで知らない曲をドイツ語か何かで歌われても正直言って楽しくなく、子供も明らかに帰りたいモードになってきて困ってしまいました。

休憩を挟んでやっと始まったミュージカルに長女は釘付けですが、妹はトイレだの喉が渇いただの言うので仕方なく長女を残して席を立ちました。出入り口では係りの人が今休憩が終わったばかりなのに出入りするなと言わんばかりの不機嫌顔です。

用を済ませ席に戻るとドレミの歌に長女が大喜びしていました。やはりミュージカルは好きみたいです。帰宅して一緒に歌を習ったりしたいかと聞いてみたところ、どうも自分がやりたい感じではありませんでした。

何か興味があることを引き出してやりたかったのにちょっとがっかりです。でもいつか一緒にプロのミュージカルを見に行きたいと思います。