子供が一人で大便が出きるようになりました!

最近になってようやっと、子供が一人で大便が出きるようになりました!とても嬉しくて、「はじめてできた日」という記念日を自分の手帳に書き込みました。

私は子供の数え年をすぐに忘れてしまうので、手帳の左上に子供の歳と何ヵ月かを書いているのですが、今月は3歳と8ヶ月でした。ようやっとここまで来てくれたのか、というしみじみした気持ちになりました。

早い子ではもうとっくに出来ていると思うのですが、うちの子は出だしも遅かったのでこんなもんかな、という感じです。はじめのうちは一人目ということもあってか、とても焦っていて、他の子と比べてしまうことが多かったです。けれども最近はそんなことは全く気にしなくなりました。

言葉の数も増えて、しばらく入院していたこともあって久しぶりに話すと語彙の数がとても増えていました。嬉しくて感動しっぱなしでした。子供の成長ってあっという間なんですね。

私は子育てってこんなに素晴らしいものなんだ、という気とをそのとき感じました。毎日毎日の事でストレスがたまることもあるけれど、それ以上に幸せな気持ちが強いです。

子供が成長して巣立つまでまだまだ先は長いですが、私も子供から沢山のことを学んでいこうと思います。私がはじめて大便がトイレで出きるようになるまでどうだったのか、母に聞いてみました。私の時代は今もあるかもしれませんが「おまる」と呼んでアヒルの形をした子供用の簡易便器がありました。

私はそれをトイレではなく今にもっって来てそこではじめは練習していたそうです。トイレに行くのが怖かったそうです。やっぱり怖かったんだ、と思いました。私の子供もトイレに行くのを怖がってはじめのうちは行きませんでした。何ででしょうね。

そういう絵本を読んだからでしょうか、大抵の子供は怖いと感じるような気がします。でも、大便まで出来るようになったのでとても成長したな、と思いました。まるで自分のことのように嬉しく思います。